HOME > 二代目福治郎店長ブログ

二代目福治郎店長ブログ

納豆製造工程 秘伝納豆 二代目福治郎

今日は秘伝納豆製造工程をご紹介します

黒豆納豆の製造現場に潜入  二代目福治郎

二代目福治郎黒豆納豆の製造現場をご案内します!


この作業は盛込み作業と申しまして、経木(きょうぎ)の容器に納豆菌がかかった煮豆を盛込んでいく工程です。

納豆菌付き煮豆を一食分ずつ盛り込んでいきます。

この機械を導入する前は、シャモジで煮豆をすくって入れていましたから、それはそれは作業がはかどります。

1日にだいたい2500食〜3000食この機械で行います。

機械を使うのはここだけで、一食ずつ容器の口を閉じるのは手作業です。

福治郎納豆はこうして造られています。

納豆菌2

納豆の粘りの中の納豆菌は100℃の加熱でも死なない大変生命力のある生き物です。

納豆菌1

蒸しあがったばかりの大豆の表面に、納豆菌を均等に振りかけます。納豆菌は無色透明。稲わらから採取した「純粋培養菌」ですので、昔ながらの安全な納豆菌です。

 

発酵(はっこう)

納豆室(なっとうむろ)で約24時間発酵させます。納豆の発酵熱により、室の温度は最高50度近くにも達します。

蒸煮(じょうしゃ)

豆を蒸気で蒸す工程の事です。水をたっぷり吸った大豆を専用の蒸気釜で蒸し、やわらかくします。

浸漬(しんせき)

大豆を水に漬けるjこと。通常は小粒大豆で一晩程水に漬けて大豆に水を含ませます。

1 / 11
  • お味見セット
会員募集中!

商品カテゴリから探す

  • 高級納豆
    • 大粒高級納豆
    • 小粒高級納豆
    • ひき割り高級納豆
  • ギフト詰め合せ
  • その他
  • 用途から探す
  • 食べ方から探す
  • メディア実績
  • 店長ブログ
  • お客様の声
  • メルマガ登録
ヘルプ&ガイド
  • ご利用案内
  • お支払い方法
  • よくあるご質問
  • 当店からメールが届かない
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引に基づく表記
  • 会社概要
  • サイトマップ
営業日カレンダー